【甘酒メーカー】


大好きな甘酒は炊飯器で作る。
でも、その間、ご飯が炊けない。 
困る・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・

d0149379_10010525.jpg

そこで、甘酒専用に小さな発酵器を買いました。
【サナカ甘酒メーカー容器容量1.000ml】
価格 3.908円  アマゾンで。
使ってみるとかなりの優れものでした。

25℃から65℃まで無段階温度設定ができます。
正しく設定温度を保っているか温度計を使って数回確認。
内容物との温度誤差は1~2℃くらい高めでした。
48時間のタイマー設定が可能。

自由な時間に甘酒を仕込んでタイマー設定。
もし、夜中にタイマーが切れてもそのまま朝まで放置。
とても甘くて美味しい甘酒ができあがります。

炊飯器を解放~~ (笑) (´▽`*)




※ 【たまこ庵】ホームページはこちらです。



# by sano-go | 2018-10-29 00:00 | 便利な道具

【金木犀花豆煮】


いつもの白花豆の甘煮
今回は金木犀のジュレを加えた新バージョンです。
d0149379_09421740.jpg


兄上が作った渾身の金木犀のジュレ!
ピンセットでゴミを取り除く時間が大半を占める根気作業。
あだやおろそかには使えません。


d0149379_09490886.jpg


甘煮の砂糖は乾燥豆の重量の50%。
甘さほんのり、、、
金木犀の香りもほんのり。。。

ちょっと珍しい一品に仕上がりました。



※ 【たまこ庵】ホームページはこちらです。



# by sano-go | 2018-10-25 00:00 | たまこキッチン

【朝食の常連さん】



d0149379_09085511.jpg

わが家の朝食品目
・炒めキャベツ (オリーブオイル、塩コショウ味)
・茹でブロッコリー (胡麻ドレ味)
・茹でオクラ (胡麻ドレ味)
・ポテトサラダ 
(じゃが芋、人参、胡瓜、卵、ウインナ、マヨネーズ)
・黒豆煮
・三度豆の胡麻和え (胡麻)
・かぼちゃ煮
・鶏胸ハム
・きのこ塩こうじ煮(しめじ、エノキ、舞茸、塩こうじ)
・きゅうりもみ (胡瓜、ワカメ、玉子、酢)
・もずく酢 (もずく、夏ミカンピール、酢)

・トマトジュース (市販品、黒酢大匙1杯)
・甘酒豆乳 (甘酒、豆乳、おろし生姜)
・コーヒー (牛乳)

・ヨーグルト(季節のジャム味)
・季節の果物


冷蔵庫から出すだけ、チンするだけ・・・
5分で朝ご飯の支度が整います。

季節によってメニューは変わるけれど、
今日の品数を全部お皿に盛り込んでみました。

私が食べるのはどれもほんの一口分づつ。
種類が多いのでお腹いっぱいになります。

すべて家で調理したものが基本。
我が家の朝食常連さんはいつもこんな感じです。


え~っと、、、
私の係は、もずく酢で10日毎に1回作り置きします。
あとは、、、知らない。 _(^^;)ゞ



※ 【たまこ庵】ホームページはこちらです。



# by sano-go | 2018-10-23 09:37 | 兄上の手料理いろいろ

【牡蠣ご飯】


今年の初牡蠣で牡蠣ご飯作りました。

d0149379_13193647.jpg


牡蠣ってお鍋に入れると底の方で半分くらいに縮んだのを見つけたりします。
それは、元々小さな牡蠣だったんだって。
大きく見えたのはたんに水膨れしてるだけだって、、、

どれだけ縮むか実験!
すごく大きな超特大牡蠣8個 (生協で購入)
調味料だけで3分ほど下煮してから煮汁と一緒に炊飯器へ。
スイッチオン♪

d0149379_13192479.jpg

炊けました。
縮むのは縮んだけど、、、
それでも大きい姿を保っていました。
d0149379_13193205.jpg


1個100gのおにぎりに
牡蠣を1個つけて包んでみました。
d0149379_13193983.jpg


d0149379_13194208.jpg
結構大きくて1個でも食べ応えあります。

いつもは牡蠣の姿を大きいまま保ちたいので、
軽く下煮した牡蠣の煮汁でご飯を炊き
牡蠣の身だけ後乗せして蒸らし仕上げしていました。
これはこれで美味しいけれど、、、

最初から牡蠣を炊き込むとご飯の牡蠣味が濃いですね。
牡蠣の味がしみたご飯だけでもおかず要らず。




※ 【たまこ庵】ホームページはこちらです。



# by sano-go | 2018-10-12 12:00 | たまこキッチン

【ツユクサの戦略】

今年の我が家の庭では
ツユクサがあちこちで花を咲かせています。

d0149379_08353998.jpg


可憐で優しい色合いが好きです。
d0149379_08354392.jpg


しかし、、、、
その実態は驚くべき策略家。。。
d0149379_08452389.jpg

①のハデな色の偽の花粉で虫たちをおびきよせ・・・
ふん!なんだ偽物か、、、とバレたらすぐ下の本物の花粉②へ誘導・・・
しかし、この②の花粉はごく少量で食べてもらう用に準備したもの。

食いしん坊な虫さんが夢中で少量の花粉をむさぼっている間に、、、
地味な色の本物の花粉③をたっぷりと虫の脚にからめつけます。

こうして知らない間に花粉を身にまとった虫達が
花から花へと花粉を配給して回ってくれているんだそうです。

しかも、さらに驚くべきことも
もし、1匹も虫さんが寄ってきてくれなかったら、、、
最後の手段として夕方しぼむ時に、自家受粉して種を残すんだそうな、、、

ツユクサも、月下美人と同じく1日花。
美人薄命な運命・・・

一日、一日を悔いなく過ごす。
悔いだらけの私には無理だけど、
なんだかツユクサはえらいな!賢いな!

1つの花が終わっても
次の蕾④がすぐそばに、、、

たくましくしたたかなツユクサ!
それでも可憐なイメージは壊れない。



※ 【たまこ庵】ホームページはこちらです。



# by sano-go | 2018-10-02 09:21 | 植物