【病室でオシャレなヘアーキャップ】


もし、入院するような羽目になった時、
何日もシャンプーできないこともありますね。
寝ぐせの取れないボサボサ頭でお見舞い客を迎えるのは、、、
病に追い打ちをかけて、心が折れそうになったりするかもしれない。

先日、仲良しの従姉が緊急入院した時のこと、、、
見舞うと髪の乱れをとても気にしている様子なので
暖かい病室でも蒸れずに被れるヘアーキャップを作ってみました。



正面から見たとこ
d0149379_18152532.jpg


横向き
d0149379_18151747.jpg

後ろから見たとこ
d0149379_18152261.jpg




キャップの素材は、薄い大判のハンカチを利用しました。
フンワリと被っているのを忘れるくらいの軽さがいい。


d0149379_18155425.jpg


このデザインは給食係の子供の三角巾代わりとか、
ナイトキャップ用としてネット上で見つけました。
いかにも病人用ではないのが良い感じ。
ゴム使いなので数秒でパッと被れるところも優れています。

時々、朝早くピンポーン♪と鳴って、寝ぐせ頭に慌てる時あります。
玄関まで歩きながらでも被れるので自分用にも作りました。 (*^^*)


たまこ流の作り方を!

ハンカチの角の1辺をおデコに当たる部分にします。
適当に折り畳み、、、端ミシンで両端を押さえます。

裏側
d0149379_18160655.jpg


他の3辺の角をそれぞれ粗いぐし縫いをして絞ります。
角から14~15センチくらい入ったあたり。

d0149379_18160921.jpg

おデコを除いた周囲にぐるりとゴム紐を引っ張りながらミシンで縫い付けたら出来上がり。

ゴム紐の長さは頭周りを考慮して決めます。
出来上がりキャップのサイズを頭周囲より3~5センチほど控えるとよさそうです。
ゴム紐は種類で強度が違うので、できれば帽子のあご紐用が柔らかくて適しています。
長く被っていてゴムで締め付けられて頭が痛いなんてことが無いように、、、



被り方は、後ろへ少しずらして前髪を出すと可愛いです。

d0149379_18151747.jpg

絞ったしっぽが気になるなら内側へ押し込んで隠しても。
でも、両耳のあたりにしっぽがある方が可愛いです。


※ 従姉にとってもよく似合って喜んでくれました。(人´∀`)






※ 【たまこ庵】ホームページはこちらです。



by sano-go | 2018-11-12 00:00 | 手縫いとリメイク

<< 【欠けた器の金継もどき】 【秋の空と柿と玉子サンド】 >>