【着物地の服】


真夏を除いて3シーズン着られる服。
古い着物地で作りました。

春にむけて、出来立てほやほやの1着は・・・
エプロン兼用のスモック風
生地は銘仙です。

d0149379_10095072.jpg

襟はバンドカラー (分かりづらい?)

お次は、ジャンバードレス
ジャンパードレスはお気に入りのデザインです。
生地は化繊です。

d0149379_10161723.jpg


脇の明き止まりには必ず蝙蝠飾りを。
(蝙蝠飾りというのは韓国ポシャギ手法の一つです。)

d0149379_10172722.jpg

d0149379_10181411.jpg


d0149379_10181737.jpg

普段着用にジャンバードレスを一番多く作っています。


次に、面白いのが紗のはおり物。

d0149379_10195580.jpg

紗は表と裏の色が違うのを利用して、
風になびくとチラリと赤が見えるように。。。

d0149379_10212321.jpg

袖下の明き止まりにも蝙蝠飾りを

d0149379_10213599.jpg



リバーシブルのベストも便利。
これは2重生地なので温かく冬用です。
生地は銘仙と黒色は紬です。
表側の前と
d0149379_10241264.jpg


後ろ
d0149379_10243026.jpg

裏返して表側が
d0149379_10251152.jpg

後ろが

d0149379_10253175.jpg

首回りが詰まっているので明きを後ろに作っています。

d0149379_10263719.jpg




そして、随分前に作って一度も着たことが無い服を。
お父上の超古着の紬で作りました。

d0149379_10272512.jpg


柄が素敵な羽裏を利用して・・・
身頃生地の上に弱っている羽裏を重ねて2重にして縫っています。
前身頃、後ろ身頃、袖山の3ヵ所に貼り付けています。


d0149379_10274717.jpg


後ろはこんな風。

d0149379_10291855.jpg

さて、このお父上のリメイク服が
似合うような歳になりつつあるのが・・・
うれしいような残念なような、、、

まだ、袖を通せません。

ちょっと残念が勝つような今日この頃。。。(笑)





※ 【たまこ庵】ホームページはこちらです。



by sano-go | 2018-02-28 10:59 | 手縫いとリメイク

<< 【スマホカバー作り】 【ふしぎなクロス】 >>