【紅葉】


週に1回くらいのペースで行く
ファーマーズマーケット巡礼。

和歌山、奈良方面にお気に入りが多く、
それぞれのお店で買う品が季節によって変わります。
それにもまして変わるのは見慣れた沿道の景色。
春、夏、秋、冬・・・季節を色濃く変化させます。



d0149379_08391989.jpg



観心寺
いつもは前を通り過ぎるだけだけど、
今日はちょっと休憩に立ち寄りました。

d0149379_08395560.jpg


桜の古木
苔むして王者の風格、、、

d0149379_08401101.jpg


見上げると葉もすっかり落ちて寒い冬に備えたようです。
春にはまた沢山の花を咲かせることでしょう。

d0149379_08401908.jpg




今回、沿道で何度も見かけた皇帝ダリア!
(兄上から名前を教えてもらった、、、知ってることに驚き)
身丈は2メートル以上ありそう・・・

d0149379_08404557.jpg

花も大きく、皇帝の名に恥じません。

d0149379_08405731.jpg


買い物も満足できる品をゲット。
景色も堪能できて疲れたけれど楽しめた一日でした。




※ 【たまこ庵】ホームページはこちらです。



# by sano-go | 2018-11-28 18:00 | 季節

【小物入れ用のレザーポーチ P2】


革は柔らかい色牛を使っています。
色牛はカラーが豊富でとても扱いやすい素材です。


d0149379_08163073.jpg

後ろにはネームも!
d0149379_08164457.jpg


レザークラフト教室に通ってから2つ目の小物入れポーチ
最初に作ったポーチは教室に通う時の道具入れに使っています。
小物がだんだん増えてファスナーが閉まらなくなってきたので
二回りほど大きなポーチに昇格させました。

d0149379_08171872.jpg

今回の作業メインはポイントに使った椿の花
図案、カービング、スタンピング、染色。。。
一通りの作業を自宅でひとりぽっちでおさらいしました。
d0149379_09142825.jpg

アップに耐える椿の花、、、 \(*゚ー゚*)/
d0149379_08180511.jpg

これが出来上がれば、
ポーチ作りの8割は完成したも同じ。。。
あとは全てのパーツをチクチクと縫い合わすだけです。


小さな作品を積み重ねて大きな作品へ、、、
いつか、バッグを作れる日を目指して。。。






※ 【たまこ庵】ホームページはこちらです。



# by sano-go | 2018-11-24 08:38 | レザークラフト

【スマホポーチ R2】


腰のベルトから吊るすタイプのスマホ用ケースを作りました。

レザークラフトのアンティック染に初挑戦!
なかなかええでしょう~~♪ (人´∀`)

d0149379_09115160.jpg


今回、初めてスーベルナイフで革をカッティングするので
お試しカット用と本作品用の2枚同時進行で作りました。
初めて無垢の革にナイフを入れる時は手が震えるぅ~~ (笑)

d0149379_09122941.jpg

図案を写し取った輪郭をナイフでカットしたあと、
数種類の刻印を使って印影をつけながら立体感を出していきます。


左は焦げ茶色でアンティック染をほどこしたもの、、、
右側は革を染めずに仕上げオイルだけを塗ったものです。
カットや刻印の跡が色濃く残り、これはこれで、生成りの味わいがありますね。

d0149379_09114680.jpg


レザークラフト教室で
先生が教材として提供してくださるヌメ革は床に広げて裁断します。
これで、牛一頭の半身分の大きさです。。。
右端に先生の足が写っているので革の大きさが分かるかと。。。
ここから、私達の作る作品の革を少しづつ切り取って使っています。

d0149379_09140794.jpg

先生はン十年のベテランにもかかわらず
未だに大先生の下で勉強に励んでおられるそうです。

私は? やっとレザークラフト歴1年経ちました。 ( ´△`)ハァ-



※ 【たまこ庵】ホームページはこちらです。



# by sano-go | 2018-11-22 09:51 | レザークラフト

【欠けた器の金継もどき】


以前、八ヶ岳旅行のおりに体験した金継教室

あれから1年余り経って、、、

やっと、やっと、、、3個も欠け物が溜まったので (笑)
思い出しながら金継をやってみました。


d0149379_08512713.jpg


完成しました。 早っ! (笑)
詳しい作業工程は ここを見てね→ 

d0149379_08504204.jpg

パテで欠損部分を埋めたあとうるしを塗ります、、、が、、、
これが難しい・・・

1番目はパテ以外の部分にうるしがはみ出して失敗。

d0149379_08505605.jpg


2番目は慎重にうるしを塗ったのでまぁまぁの出来。

d0149379_08505258.jpg


3番目はかなり慣れて綺麗に仕上がりました。

d0149379_08504835.jpg


1剤と2剤を混ぜたパテが残ったので箸置きを作りました。

d0149379_08505964.jpg


横から見るとこんな感じ。。。 (*^^*)

d0149379_08510306.jpg


一番難しかった工程は、漆塗りの技。
漆がついた部分すべてに後で振りかける金粉がつきまくります。

パテと器の境目をいかにきれいに塗るか、、、が勝負。

パテは乾いてからナイフで削って平らにすることもできますが、、、
ぷっくりしてる方が可愛いので削りませんでした。

・・・というのは言い訳で、、、

ナイフでパテを削る時、器にキズをつけてしまったので止めたのです。 (/ー\*)


ダメだと思う部分は端折って出来そうなところを慎重に進める。(たまこ流)

高価でなくてもお気に入りの器を修繕できれば嬉しいものです。






※ 【たまこ庵】ホームページはこちらです。



# by sano-go | 2018-11-17 09:30 | 手縫いとリメイク

【病室でオシャレなヘアーキャップ】


もし、入院するような羽目になった時、
何日もシャンプーできないこともありますね。
寝ぐせの取れないボサボサ頭でお見舞い客を迎えるのは、、、
病に追い打ちをかけて、心が折れそうになったりするかもしれない。

先日、仲良しの従姉が緊急入院した時のこと、、、
見舞うと髪の乱れをとても気にしている様子なので
暖かい病室でも蒸れずに被れるヘアーキャップを作ってみました。



正面から見たとこ
d0149379_18152532.jpg


横向き
d0149379_18151747.jpg

後ろから見たとこ
d0149379_18152261.jpg




キャップの素材は、薄い大判のハンカチを利用しました。
フンワリと被っているのを忘れるくらいの軽さがいい。


d0149379_18155425.jpg


このデザインは給食係の子供の三角巾代わりとか、
ナイトキャップ用としてネット上で見つけました。
いかにも病人用ではないのが良い感じ。
ゴム使いなので数秒でパッと被れるところも優れています。

時々、朝早くピンポーン♪と鳴って、寝ぐせ頭に慌てる時あります。
玄関まで歩きながらでも被れるので自分用にも作りました。 (*^^*)


たまこ流の作り方を!

ハンカチの角の1辺をおデコに当たる部分にします。
適当に折り畳み、、、端ミシンで両端を押さえます。

裏側
d0149379_18160655.jpg


他の3辺の角をそれぞれ粗いぐし縫いをして絞ります。
角から14~15センチくらい入ったあたり。

d0149379_18160921.jpg

おデコを除いた周囲にぐるりとゴム紐を引っ張りながらミシンで縫い付けたら出来上がり。

ゴム紐の長さは頭周りを考慮して決めます。
出来上がりキャップのサイズを頭周囲より3~5センチほど控えるとよさそうです。
ゴム紐は種類で強度が違うので、できれば帽子のあご紐用が柔らかくて適しています。
長く被っていてゴムで締め付けられて頭が痛いなんてことが無いように、、、



被り方は、後ろへ少しずらして前髪を出すと可愛いです。

d0149379_18151747.jpg

絞ったしっぽが気になるなら内側へ押し込んで隠しても。
でも、両耳のあたりにしっぽがある方が可愛いです。


※ 従姉にとってもよく似合って喜んでくれました。(人´∀`)






※ 【たまこ庵】ホームページはこちらです。



# by sano-go | 2018-11-12 00:00 | 手縫いとリメイク