「ほっ」と。キャンペーン

タグ:奈良のおじさん ( 8 ) タグの人気記事

【エデンの園でお餅つき】



奈良のおじさんが入所している施設で

毎年恒例の お餅つき大会 がありました。


当日の様子です。


餅つき大会は 午後2時からの開催。

が・・・気がせくおじさん。 

1時30分には餅つき会場に到着。(場所は施設内の大ホールです)


舞台には 石臼 が鎮座しています。

d0149379_10193572.jpg



入居者有志によるお手伝いの女性達・・・

d0149379_10194278.jpg


30分も入場待ちの列の先頭で待って

やっと、会場に入れました。

もちろん 席は かぶりつきです。 d( ̄  ̄)

d0149379_10271050.jpg

14時きっかりに お餅つきのはじまり、はじまり。 (ー。ー)フゥ



(*゚・゚)ンッ? まだ ちょっと搗きたらんのと違うか?

d0149379_10281907.jpg

なにやらゴニョゴニョと頭を寄せ合ってます。。。o(≧∇≦o))))


他に 力持ちを披露したい男性入居者さんも途中参加。

全4臼を搗いて賑やかなお餅つき大会になりました。


91歳のおじさん・・・

食べる食べる。。。
d0149379_10311789.jpg

ぜんさい、きなこ、ヨモギあんこ、、、〆に またぜんざい、、、なんと、5個も完食。
(お餅は一口分くらいで小さいけどね。)



開場待ちの間、おじさんとお喋り、、、

『腸の調子が悪くて このごろ あんまり食欲がないのだ。。。』とか。

『杵でついた餅はうまいけど・・・あんまり食べられんやろ。。。』とか。


おじさん・・・

それだけ食べたら大丈夫です。 

年、、、越せまっせ。 (`・ω・´)キリッ




※ 【たまこ庵】ホームページはこちらです。

【たまこ庵・黒板型掲示板】 24時間で書き込みが自動消滅する掲示板です。

by sano-go | 2015-12-28 14:00 | よもやま話

【どえりゃ~甘え~味噌カツ丼】


奈良のおじさんの弟が

愛知県の豊川稲荷の近くに住んでいます。

その弟さんが脳梗塞になったと

知らせを聞いたのが2012年の夏

当時、奈良のおじさんも入院中の出来事で・・・


長く逢っていない二人を会わせてあげようと

従姉の和ちゃんと兄上とおじさんの4人で

豊川までお見舞いに行きました。


兄上の愛車SAI初めての高速走行です。 

車窓から見えるは「カツ丼」の看板!

当然、ランチは味噌カツ丼でしょ!!!

この店がよいか? 

あっちの店がよいか?

ウロウロ悩んで最初のお店へ。。。ww


目の前に運ばれてきた丼は・・・デカイ!

けど、刻みキャベツもたっぷりで

おじさん、キャベツをよけてほぼ完食。

他の3人は文句なしに完食。 

食った、食った♪ ((((´~`))))


写真?
カメラ・・・忘れ。。。 (|||_|||)ガビーン




帰途、東名阪自動車道にある御在所SAの売店で

お味噌で作ったとんかつソースを発見!
d0149379_11220651.jpg

これさえあれば

家でも簡単に味噌カツ丼が作れる。


作りました!! 

これが、あの噂?の味噌カツ丼を少し小ぶりにしたもの!!!
d0149379_11374188.jpg

買ってきたソースはそのままでは固めなので

小鍋にとって水で少しゆるめて火にかけ練り直して・・・

丼用に粘度を調整。←ここがミソ


キャベツたっぷりでお店と同じ味になりました。(≧ω≦)b


それにしても・・・


この味噌カツ丼って・・・


どえりぁ~~~

甘ぁ~~~~~~い! (((笑)))














※ コメントなどはこちらへお願いします。
24時間で書き込みが自動消滅する
【たまこ庵・黒板型掲示板】

又は、写真投稿もできる
【たまこ庵・お茶の間掲示板】

トップページはこちらです
【たまこ庵】

by sano-go | 2014-03-19 12:00 | 本日の一品 

【信楽ぽん太】

奈良のおじさんちから

事情があって

たぬきのぽん太を引き取ってまいりました。
d0149379_23481714.jpg


こうしておじさんの部屋を20年余りも守ってきました。
d0149379_2348585.jpg



休む間もなく衛兵は立ち続けます。
d0149379_2350178.jpg


木戸銭にお酒をやると通してくれます。

by sano-go | 2012-12-01 00:00 | よもやま話

【奈良のおじさん 慢性硬膜下血腫 再発のお話】

奈良のおじさんが慢性硬膜下血腫で手術をしました。

2年余り前にもおじさんは慢性硬膜下血腫で入院手術をしたことがあります。
その時は、おじさんの左側頭部に硬膜下血腫があり手術しました。
今回は反対側の右側頭部に前回以上の量の血が溜まっていたようです。

ごく普通に日常生活を送っていたおじさんは何の憂いも無く受けた入居先の介護付有料老人ホーム付属のクリニックでの定期健診で異常が見つかりました。
7月17日、クリニックでCT検査を受けたおじさんはその場で救急車を呼ばれて前回手術を受けた県立病院へと搬送されたのです。

おじさんの手術は1時間ほどで無事に終わり病室に戻ってきました。
元気で意識もはっきりしており普通に話すこともできます。

主治医のお話では 『頭にかなりの血が溜まっており、この量がもし一気に出たのであれば即死状態です。今回も前回同様ジワジワと溜まったようなので麻痺が出る寸前ギリギリのところでした。発見が早くて何よりでした。』 ということでした。

手術で血を抜けるだけ抜き今夜一晩かけてさらにまだ頭に残っている血を少しずつ全て抜き取るのだそうです。



病院でのおじさんの話しでは最近左足の動きがぎこちなくて思うように歩けなかったというのです。
頭に溜まった血腫のせいで足にマヒが起き始めていたのです。
でも、以前から左足の甲が痛かったので歩きにくいのは外的要因だと決めつけていました。

おじさんは大正13年生まれ。
『今年はPL花火を見物できるのももう最後かもしれないので友達と泊りがけで観に行くから』と
8月開催の花火を4月頃から何度も念を押して楽しみにしていました。
それが間際になって突然 『迷惑かけるかも、、、世話をやかせて申し訳ないから・・・』 と、
理由にもならない理由で花火見物に来るのをやめると電話してきたのです。

迷惑ですって?世話をやかすから申し訳ないなんて?
なんども思い直して来るように話しても頑としてききません。

何か変だな? 内心、不審に思いながらも日々の暮らしに追われていました。

きっと身体が自ら発する何か漠とした不安がおじさんの外出を止めていたのでしょう。
こんな前兆があったのに気付かなかったなんて。。。\(_ _)


私たちも、何か変だな?おかしいな?と身体がサインを送っているのを見過ごさないようにしなくちゃいけませんね。
それと、【定期健診】 がいかに大切かを思い知りました。


それにしても、PL花火大会の開催日が・・・
また、前回同様おじさんを見舞う病院通いと重なってしまいました。
迷惑だなんて全然思わないけど・・・世話がやけるのは本当だわ。 o(≧∇≦o))))





追記です。

8月17日

おじさんは再び県立病院で硬膜下血腫の3回めの手術を受けることになりました。

7月17日に救急車を呼ばれて2回目の手術をしたおじさんは2週間ほどの入院後、8月3日に県立病院を退院して入居している介護付有料老人ホーム付属のクリニックへそのまま入院しました。
ここでしばらく様子をみてから担当医師のOKが出ればクリニックと同じ敷地内にある居室に戻る手筈になっていました。

ところが、県立病院を退院した当日、施設付属のクリニックでのCT検査で再び血腫が発見されました。
たった今、退院してきたばかりの県立病院と入居先施設付属クリニックの双方の主治医で相談の結果、このまま様子を見て2週間後の県立病院の外来検診での結果をみて再手術も検討することに。

その結果、予想通り県立病院退院後の初外来検診で即日再手術ということになりました。

今回はちょうど4週間前に2回目の手術で頭に開けた穴を再利用したので3回めの手術時間は40分ほどでした。

私は朝の9時に病院へ行き昼食も食べそこね8時間余りも付き添っていたのでぐったりと疲れましたが、おじさんは頭の手術も3回めともなると要領もわかっていて顔なじみの看護師さんと談笑したり話がツーカーでなんだか楽しそう。。。ww


おじさんの硬膜下血腫の手術はこれで3回めですが、1回目の手術のあと以前から高血圧で処方され飲み続けていた血液サラサラにする薬を一時中止した途端に軽い脳梗塞を起こした経緯があります。
そのため、2回目の手術のあと、脳梗塞の再発を危惧して血液サラサラにする薬を止めるわけにいかずそのまま処方されていました。
このことが硬膜下血腫の再々発を誘導した、というのが執刀主治医の所見です。
これからも再々々・・手術の可能性は何度もあるそうです。




血液サラサラのお薬・・・
薬を飲むのを止めると脳梗塞。
薬を飲み続けると硬膜下血腫。

あっちを立てればこっちが立たず。。。こっちを立てれば・・・ (ノ_-;)ハア…


9月5日(水)
おじさんは県立病院で3度目の手術をし2週間入院のあと、入居先施設付属のクリニックに再入院しました。
また、ここでしばらく様子をみたあと自室に戻ることになります。

10月29日(月)
居室に手すりの設置と首にかける 『ペンダントコール』 の簡単な工事をし、クリニックを退院して自室に戻りました。
しばらくは毎日午前と午後の2回、居室サービスのスタッフが部屋を訪れ安否確認をしてくれます。


※ トップページはこちらです 【たまこ庵】



by sano-go | 2012-07-17 23:40 | 数病息災

【介護付き有料老人ホームの餅つき】

奈良にある介護付き有料老人ホームに入居しているおじさんから
14日に餅つき大会があるのでおいで~とお誘いの電話が。

毎年恒例の施設の行事です。

私の都合で到着するのが遅れてお餅つきはすでに終わっていました。(-_-;)
d0149379_1543676.jpg

おまけにおじさんが部屋にもどこにも見当たらない。。。Σ(- -ノ)ノ !?

廊下続きの同じ敷地内にあるクリニックにいますよ!とスタッフさんに教えられて
なんで?と不安を覚えながら行くと丁度診察が終わったところでした。

ムニャムニャと要領をえない会話をかわし、見た目は元気そうなので
とりあえず出遅れた私達が来るのを待ってくれている餅つき会場へ戻りました。


まずはおじさんが楽しみにしていた善哉!
d0149379_1548475.jpg


スタッフの皆さんもご相伴しますと一緒に食べ始めました。
d0149379_15521787.jpg


さらに、ずんだ餅(枝豆餡)といそべ巻きを一個ずつ。
d0149379_15484163.jpg

さらに、さらに、おじさんは善哉をお代わり!! (ノ゚ο゚)ノ

すぐに夕食だというのに。。。・・・・・Σ( ̄⊥ ̄lll)・・・・・

大丈夫かな?と私
大丈夫、大丈夫、ご飯も食べられるよ!とおじさん。

美味しそうにパクパク食べています。

落ち着いたところで、なぜクリニックにいたのか再度理由を尋ねると、、、



【心臓にペースメーカーを入れる手術をするらしい・・・・】という返事。



ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε= ヒイィィィ!!!!( ̄⊥ ̄ノ)ノ



【もぅ寝てる間に死んだらその方が楽でええけどなぁと・・・】とブツブツ。


Σ(^∇^;)えええええ~ 絶句!



去年の暮はたまこはん、今年の暮はおじさんですか・・・!!!



追記

おじさんの心臓ペースメーカー装着のお話は流れました。
セカンドオピニオンの勧めで今の様子なら心配いらないとのことでした。

by sano-go | 2011-12-15 16:31 | よもやま話

【奈良のおじさんの後日談】

「慢性硬膜下血腫」で頭に穴を開けて血液を吸い出す手術を受けた奈良のおじさんが退院しました。
入院した日に手術を受けてから今日で10目です。

退院は週明けの予定だったのが、あと3日の辛抱ができずに無理に退院しました。
おじさんは一般人も受診できるクリニックがある介護付の有料施設に入居しています。
でも、クリニックのベッドはいつも満員でタイミングよく入院するのは難しいです。
今回もベッドの空きがなく、クリニックではおじさんを受け入れられないので少し退院を遅らせて欲しいとの希望があったのですが、おじさんは我慢ができずに無理にでも退院して自室に戻る腹積もりでした。

三度の食事を部屋まで届けてくれたり洗濯掃除などは施設のサービス係りのスタッフがやってくれますが、いくら元気そうに見えても頭に穴を開けて日が浅い人をたった一人で部屋においてはおけません。(^^;
困ったな、どうしよう・・・と、思案しながらも突然の退院のお手伝いに飛んでゆきました。

何が何でも退院するぞ!という強い意志があれば天は助けるのか・・・
施設に戻ると、うまい具合にクリニックのベッドの空きが出たとかでおじさんはベッドからベッドへと転院することができました。

成せば茄子!

しかし、、、トコロテン式にベッドを空けさせられた人はいまい
ずこ。。。
どこの病院もお年寄りがいっぱいで。。。茄子!




何の関連もありませんが・・・今晩の我が家のおかずです。``r(^^;)ポリポリ

d0149379_21584552.jpg
画像をクリックすると拡大します。

酢豚ならぬ酢鶏です

鶏肉に下味をつけ卵と片栗粉の衣をつけて揚げます。
そのままでも美味しいですが、甘酢の野菜ともよく合います。

by sano-go | 2010-05-07 22:38 | 数病息災

【奈良のおじさん 慢性硬膜下血腫】

4月28日に奈良のおじさんが「慢性硬膜下血腫」で緊急手術をしました。
幸い早い段階で手術を受けることができたので術後の経過も良く回復がとても早いです。

原因は、おじさんが2ヶ月ほど前に旅行中に転倒して頭部を打ったことによるらしいです。
転倒直後はこれといった症状もなく帰宅後もごく普通に生活していました。
最近になって足がふらついたり踏ん張りがきかなくなったりで、少し気になり受診すると即刻手術が必要とのことで、まさに青天の霹靂ともいうべき事態になりました。

本人は転倒したことなどすっかり忘れていて誰にも話していませんでした。
看護士さんに根掘り葉掘り聞かれて旅行中の転倒を思い出したようです。

今回は「早期発見早期治療」がいかに大切かを思い知る出来事でした。
おじさんの手術は頭に1.5cmほどの穴を開け2ヶ所に溜まっている血液を吸い出します。
受診当日の夜の9時から1時間半ほどかけて手術が行われ(執刀時間そのものは30分ほどだそうです。)部屋に戻ってきた時はごく普通にお喋りもできて、とても今しがた頭に穴を開けられた人とは思えないような元気さでした。
牛乳瓶1本余りの血液を抜いたそうですが、、、10日ほどで退院可能だということです。

主治医のお話では、慢性硬膜下血腫というのは転倒などの外的要因があった場合、症状が出るまでにしばらく期間があるので気付くのが遅くなり、少しでも症状が出始めたら一刻を争うほど早い手当てが必要なんだそうです。
これをうっかり見逃してしまうと重症になり取り返しのつかない場合もありうるとか。
みなさんもこういう例があることを覚えておいてくださいね。


おじさんは一人暮らしで子供もいません。
実弟のおじさんは遠くに住むので非常事態には近くに住む姪やら甥やらがお世話をしています。

翌日は従姉妹の和ちゃん夫妻と待ち合わせてお見舞いに。
帰りに和ちゃん宅にお邪魔して夕飯をご馳走になりました。
「魚魚楽(ととらく)」というお店での豪華な夕食です。 ヽ(^◇^*)/ ワーイ
写真は携帯で撮りました。カシャカシャとシャッター音が・・・(ーー;)
d0149379_139328.jpg
鯛のこ
d0149379_1391472.jpg
お刺身
d0149379_1392457.jpg
鯛のしんじょ
d0149379_1393748.jpg
若鮎の塩焼き
d0149379_1395088.jpg
さくら海老のかき揚げ
d0149379_1310099.jpg
鱧の南蛮漬け
d0149379_1310165.jpg
デザート
今回は車だったのでお酒は無しです。。。(;_q))クスン

d0149379_13104577.jpg
和ちゃんちでお茶をご馳走になりました。
手作りコーヒーゼリーとお抹茶など。。。

by sano-go | 2010-04-29 00:00 | 数病息災

【親戚と忘年会 割烹料理 “桜”】

奈良のおじさんの掛け声でいとこ夫妻と兄上と5人で一泊忘年会をしました。
おじさんの所から歩いて数分のところにある 割烹料理 桜

d0149379_21462072.jpg
d0149379_21462899.jpg
d0149379_21463530.jpg
d0149379_21464216.jpg
d0149379_21464926.jpg
d0149379_21465615.jpg
d0149379_2147240.jpg
d0149379_2147884.jpg
d0149379_21471447.jpg



飲んだ飲んだ、食べた食べた! 後は寝るだけ! (=^m^=)


d0149379_21472188.jpg
ここはおじさんが入居している介護付有料老人ホームです。
ゲストルームがあって家族や訪ねてきたお客が泊まれるようになっています。
平日だったので和室と洋室があるゲストルームはガラガラ!
おかげで一人に一部屋をあてがってもらい兄上のイビキに悩まされることなくゆっくり休むことができました。
お風呂やミニキッチンもついていてちょっとしたビジネスホテルといった感じでしょうか。。。



d0149379_21472890.jpg
翌日は近くでいとこの合同絵画展の開催日だったのでおじさんと連れ立って見学に!
d0149379_21475443.jpg
いとこが師事していた絵の先生が亡くなられたのでその回顧展とのことでした。

by sano-go | 2009-12-09 00:00 | お外のご飯あれこれ