カテゴリ:加賀のゆびぬき( 1 )

【加賀の指ぬき】

加賀に伝わるという伝統工芸の “加賀のゆびぬき”

私のお気に入りの古い手芸雑誌に載っていて
何度も眺めている内にいつか作りたいと思っていました。


折しも、たまこ庵開設 “10周年” 
長く交流ある方々に何か記念品をお配りしたいと思い
思いついたのが、『加賀のゆびぬき!』 作り。。。

d0149379_11563282.jpg


指ぬきの材料は質素です。

古はがきと少しの真綿と和紙をちょっぴり

そうそう、細いバイアス布も少し必要!

それで指ぬきの土台を作ります。

ほかには絹の手縫い糸と絹針があれば準備はオッケー♪

ひたすらチクチク、チクチクと回しかがるだけです。




簡単に作り方を説明すると、、、
(ネットで検索すれば丁寧に作り方を載せてくれているサイトもありますよ~)

利き手中指の第二関節サイズくらいの棒状の物に(リップの筒とか利用)
バイアス布を巻きつけ、その上に細長く切った古ハガキを重ね巻します。
下になったバイアス布の端でくるりと古ハガキを包み込み
外れないように千鳥掛けしてとめておきます。 

d0149379_2226321.jpg

さらに真綿を重ね巻いて真ん中あたりに少し膨らみをつけます
d0149379_12005176.jpg

こんなふう・・・
d0149379_22233447.jpg


最後にかがる間隔を印づけした目印用の細い半紙を真綿の上に巻きつけたら

あとは、だたひたすら、チクチク、チクチクとかがります。



青い絹糸でくるりと1周かがった状態です。
d0149379_22242880.jpg


真上から見るとこんな感じ、等間隔になってるかな?
d0149379_12022863.jpg



加賀のゆびぬきの模様はたくさん種類があるのですが

私の大好きな模様は『青海波(せいがいは)』
d0149379_22283312.jpg


青海波という波の模様には 

『~日々の暮らしが静かな波のようにいつまでも続く~』

という意味があるそうです。

一針一針心を込めて・・・チクチク、チクチク。。。

皆様のおかげでたまこ庵も10周年を迎えることができました。


長くお付合いくださった皆様に記念品として感謝を込めてお送りします。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



後日、たまこ庵開設10周年記念に指ぬきお送りしたみなさんから届いた、

“指ぬきが届いたよ~!” の、写真をご披露します。 (*^^*ゞ



実際に使ってる場面が・・・

指ぬきが正しく使われている~~ 感動~♪
d0149379_11213794.jpg
d0149379_11234777.jpg

d0149379_11223119.jpg

d0149379_11244076.jpg

d0149379_11245405.jpg

d0149379_11252916.jpg

指ぬきは消耗品ですから、

使って汚れて擦り切れてくれたら本望です。 (*^^*)



いろいろな模様の指ぬきも作ってみましたが・・・
d0149379_11074524.jpg

私はやっぱり、青海波模様が大好き! (*^^*)



どの指ぬきもみな私の元を離れて旅立ちました。

手作りの品というのは一方的な押し付け感がありますが・・・

ご笑納くださったみなさま、ありがとうございました。



これからもたまこ庵をどうぞよろしくお願いいたします。 ぺこ <(_ _)>





トップページはこちらです 【たまこ庵】

by sano-go | 2013-03-12 22:33 | 加賀のゆびぬき